FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロな建物での骨董市に、初めて参加します

image1 (4)image2 (3)

皆様、ごきげんよう。八巻麻里です。
公私ともに多忙で、しばらくご無沙汰しておりました。
先日、名古屋での骨董フェアを終えて、帰りに次回の名古屋での会場を下見に行ってまいりました。
あまりにも素晴らしかったので、ご紹介いたします。

場所は名古屋市街地から車で約40分、半田市にある「半田赤レンガ建物」です。明治31年(1898年)にカブトビールの製造工場として誕生しました。明治時代に建てられたレンガ建造物としては日本で五本の指に入る規模を誇りました。ビール工場の遺構は現存数が極めて少ないため、その意味でも貴重な建造物です。現在ではほとんど例を見ない、中空構造を持つ複壁や多重アーチ床など、極めて特徴的な構造が特色。設計者は、明治建築界の三巨匠の一人、妻木頼黄(つまきよりなか)さん。
横浜赤レンガ倉庫や日本橋(装飾部)なども彼の設計によるものです。
カブトビールとは、聞きなれない名前ですが、パリ万国博覧会に出品し金牌を受賞したんですよ。平成17年(2005年)6月、半田赤レンガ建物の保存活動を行う赤煉瓦倶楽部半田の手によって、カブトビールが復刻発売されることに。およそ半世紀ぶりのカブトビールの発売は、3000本限定であっという間に売り切れ、幻のビールと呼ばれるようになりました。

カフェも併設されていて、復刻した生カブトビールと地元の食材を使った美味しいおつまみが楽しめます。このビールをお土産に買おうと思いましたが、売店が17時まででしたので買えませんでした。次回は必ず買おうと心に決めています!

この場所は、レトロな雰囲気がアンティークにぴったり。トイレなどもきれいですし、駐車場も無料。
青い空に広がる芝生とレンガ造りの建物は、ビール工場の跡だけに広々としていて、天井も7m近くもあり、イギリス郊外のチャーチ内でのフェアを思い出させるほど。とても雰囲気が良いところですので、是非、いらしてくださいね。
フェアは2015年10月3日(土)、4日(日)、5日(月)  10:00~17:00 入場無料 最終~14:00です。
詳しくはマリーズのホームページでお願いいたします。  http://www.gallery-marys.com/
スポンサーサイト
プロフィール

marys

Author:marys
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。